· 

薬膳館で薬膳食材お買い物とお茶聞き&薬膳談義

今日の薬膳メニュー

黒米のお粥(なつめ・落花生・松の実)

ちまき(もち米・豚肉・はすの実ほか)

紅いも酢のゼリー

 

キンモクセイ茶

中国紅茶

ライチ紅茶

東宝美人茶など

5人それぞれ好きな薬膳茶を選ぶと、お店の方が中国茶器で美味しくお茶を、入れてくださいました。

キンモクセイの高貴な花の香りに驚き。

東方美人茶の芳香な香り圧倒され。

ライチ紅茶のまろやかな甘味に感動。

千差万別のお茶の香り、味、効能にゆっくり触れ、また、なかなか味わえることの出来ない中国茶の奥深さに触れることが出来ました。

 まるで、聞き酒会のように、テーブルには茶器がズラリと並び、酔うほど楽しいF子さんののりの良いお話しも加わり、大いに笑いありの楽しい時間を過ごしてきました。


 薬膳館には、いろいろな種類の中国茶から、なかなか手に入らない珍しい薬膳食材までたくさんそろっていました。

 みなさん、体質に合う食材をじっくり選んでおられたのがとても印象的でした。

 特に、Y子さんは、かごに入りきらないほどのたくさんの食材を買っていかれました。

 食生活に薬膳を徐々に取り入れて健康を取り戻していかれる様子に、うれしく思いました。

 1月24日。

 すぐそこに瀬田川のゆるやかな流れを見ながら、くつろいで薬膳料理が食べられるお店、「薬膳館喫茶去さん」に、今回、はじめて薬膳仲間が集い交流会をしました。

 F子さんは、貧血症状で悩んでおられましたが、今回の定期検査で正常値まで回復されたお喜びを話してくださいました。

 K子さんは、痰が出てしまう症状でお悩みでしたが、アドバイスしたお酒を飲まれたとたん、スッキリされた体験を話してくださいました。

 H子さんは、食後の胃酸の症状でお悩みでしたが、改善された体験を話してくださいました。

 F子さんの過去の体験を少しご紹介します。

 病院で処方されたお薬を飲んでから太ってしまい、減量のためにお米を減らした結果、お腹がすいて、結局、菓子パンやお菓子を食べることで解消。でも、営養がとれないから、ブルーベリーなどの健康食品に頼ってしまう生活を続けてこられたそうです。

 今は、薬膳を食生活に取り入れられ、ご自身はもちろん、ご家族の体調も徐々に変化している体験をされたそうです。

 ご主人は飲んでいた目の薬を飲む必要がなくなったこと、お子さんも風邪をひかれなくなったようで一石二鳥の効果を実感されているようです。

 ご自身だけでなくご家族の体調も良くなられているのは、素晴らしい体験だと思います。

 F子さんの体験はF子さんだけが感じることではなく、薬膳をはじめれば、誰にでも同じように、体験できることだと思っています。