新着情報


こちらでは、サロンで開催している各種マンツーマンレッスンの模様を、新着順にご紹介しております。

 

 

30分体質無料相談  R1.9.5

昨日は、高島市内にお住いのU様が、はじめてお越しくださいました。自分の体調のお悩みを細かくお話しくださいました。病院で手術をしてよくなるかなっと思っていたけど、良くならない。ずっとお薬を飲み続けることしか方法はないの?料理教室にもいったことはあるけど、今一つ、それに自分の体質って考えたことなかったけど、できるなら知りたいっとお話くださいました。 体調に目を向けたことなんて、今までなかったし、食事も結構いい加減、良くなりたい気持ちはいっぱいあるのに、気持ちが動かないし、3日坊主になってご迷惑をおかけしないかも心配ですっと。お話したことは、未病ってどんなこととか、ゆっくり考えてみてくださいってことでした。考えたことなかったことをきちんと考えることは、気力がいることですから…。無料体質相談で、食と体調を見直すきっかけづくりになればいいですね。

マンツーマン体質別薬膳料理教室

T様は2か月に1回、体質診断に合わせた献立を提案させていただき、一緒に献立を2品作っています。今回は、冷えのぼせの症状に合わせた献立です。お醤油の量が誤って多すぎたため、少々色が濃くなってしまいましたが、お味の方は美味しく感じました。終わってからも、しばらく世間話もしながら一緒に、楽しく過ごしています。

 

令1年8月29日

薬膳献立サポートコース実践編を学んでおられる大津市在住W様のヒアリングでした。

今はご自身の体質体調を考えながら、食材を選び調理されています。

体調に合わせて食材を選ぶことって、薬膳では、大変重要なことなのです。

何を食べて体がどうなったのか、細かくノートに記入されています。どれほど真剣にご自身の体調の弱さと向かい合っておられるのかと思うと、このすごい努力にこころから拍手を贈りたいです。

令1.8.28

中医学で夏のからだ養生ワンデイ講座

夏に起きやすい不調といえば熱中症や…。

その不調にどんな食材やお茶を利用すれば、不調の芽を早いうちにつみ、不調にならずにすむのか、夏に起きやすい不調予防をテーマに講座を開催しました。夏にこそ大切にした臓腑、その臓腑には、身近な食材にどんなものがあるかを具体的にアドバイスしました。今回参加された方は、中医学講座を受けられた方、また薬膳献立サポートコースを受けられている方を対象とさせていただき、より中医学、薬膳をどのように生活に生かしていけばいいのかお伝えできました。

【12の不調改善マンスリーコース】 冷えのお茶

冷えと言っても原因はさまざまですが、今回は、からだの中心から温めるお茶をご紹介しました。

今まではあまり飲んだことがないっとおっしゃっていましたが、ブレンドテイーにすると「美味しいですね、苦みがないですね~」っとおっしゃいました。年齢がすすむと、味の好みが変わりますが、その理由も合わせてアドバイスしました。

令和1年7月8日

   [5回で学ぶ季節のお茶アドバイザー養成講座] 夏編

今回は、夏に出やすい皮膚の湿疹や熱中症予防によいお茶、6種類を学んでいただきました。夏の風邪にどんなお茶で風邪を未然にひかないようにできるか、また、熱症状になったときにどんなお茶がおすすめなのか、学んでいただきました。

最後は、からだを冷やしすぎたので、ちょっとからだを温めるお茶を一緒に楽しみました。夏に出やすい湿疹を予防するデザートも一緒に味わっていただきました。W様は、ノートに書き留められないくらいびっしり事細かに書いておられました。「もう頭がパンパンになりました~」っと感想をいただきました。令和1年7月3日

【不調別薬膳料理マンツーマンレッスン】

「職場に冷房が入って、からだの冷えが気になってきました」っとおっしゃる滋賀県在住T様。

先月アドバイスした食材を、献立に使うようになりましたっとおっしゃっていました。今回も、体質診断のあと、食材の選び方、選び方を間違うとからだの不調が増えてしまうこともアドバイスさせていただきました。美味しいお料理は、体の不調も和らげていくことが出来る、それが一人ひとりにあった薬膳料理なのです。


【12の不調改善マンスリーコース】

R元年.6.11

今回は、不眠に良いお茶をご紹介しました。

ネットでもうすでに購入済みだそうで、ちょうどタイムリーだったようです。

ご自身は、病院の検査で貧血ぎみと診断されたとおっしゃっています。そして、最近ぐっすり眠れていない気がするとも。徐々に薬膳の食材の知識を食生活に生かしていただいているようで、嬉しく思います。ありがとうございました。

[5回で学ぶ季節のお茶アドバイザー養成講座]

                   令和元年5月10日

今回は梅雨時期に起こりやすい不調、梅雨風邪やむくみの予防ができるお茶6種類をご紹介しました。

講座のあと、薬膳デザートと薬膳茶を召し上がっていただきました。毎年梅雨時期はニガテですとおっしゃるY様。薬膳デザートはからだを温める「なつめと白玉団子」です。食べた後も、お腹はもたれず、「体に良いものは、もたれることはないのですよ~」っと話しながら過ごしました。

 


 【12の不調改善マンスリーコース】

                   令和元年5月9日

前回アドバイスしたお茶を週3回ほど日常的に飲まれるように習慣化されたとおっしゃるK様。

毎年花粉症で鼻がつまり、お薬を飲むことが日常だったとおっしゃっていましたが、今年は、お茶を新しく取り入れられたことが影響しているのか、ほとんど症状は出なかったっと喜びの報告をしてくださいました。「夫は、お茶を飲んでいないので、花粉症で悩まされています」とのこと。たったお茶一つでこんなにも体調が変わることを実感されています。

[中医薬膳基礎講座修了されました]

                  令和元年5月10日

全13回にわたって学ぶ、中医薬膳基礎講座。

滋賀県在住W様が、このたび全過程を修了され、修了証書を手にされました。

この講座は、東洋医学の見方で体調を診ることで、食事でどう不調を改善していけばいいのかヒントになる内容の講座です。医学と食事の両側面から体質改善が出来るおすすめの講座、最初はムズカシイ~っを連呼されていましたが、今では、不調の原因に気づける確かな目を養っておられます。おめでとうございます。

 

  【12の不調改善マンスリーコース】

先月から受講されているK様。今回は、胃腸の不調を和らげるお茶をご紹介しました。

「食べたことはありますが、これをお茶にするなんて、想像していませんでした~」っとおっしゃいました。「スーパーに行って、早速買ってきて試してみます」と、おっしゃっていました。

身近な食材をお茶にして、日常起こりやすい不調も、しっかり予防していく対処法をアドバイスしています。

      【不調別薬膳料理マンツーマンレッスン】

ぐるぐるのめまい、手足が冷えるなど、気になる不調がいくつも重なって困っておられたT様。

今日は、一品ですが、不調に合わせた薬膳の献立を紹介しながら一緒に作りました。

お料理がニガテとおっしゃるT様ですが、今日の献立は、家にかえってすぐに出来そうっと、おっしゃっていました。先月も紹介したレシピを何度も作られたようで、そのせいか体調も若干、良くなっておられる気がしました。

      【中医薬膳レッスン】

毎月、サロンで中医薬膳講座に通われているW様。

ちょうど12回受けていただいたところで、残り1講座となりました。中医学は東洋医学なので、臓腑のとらえ方、見方は違う点が多く最初は、チンプンカンプンだったっとおっしゃっていました。1年続けて学ばれて、今は、ご自身の体調の見方も随分と正確にとらえられるようになられ、成長されています。わたしがアドバイスすることを、聞き逃さずメモされています。継続は、力なりですね。

【5回で学べる薬膳茶アドザイザー養成講座】

「昨年と違って、今年の冬は風邪をひきませんでした」っとおっしゃるU様。

「今回教えていただいたお茶には、知らないものをありました」っとおっしゃっておられました。

今回は、春の不調に合わせたお茶をご紹介しました。デザートは、黒ゴマ団子のキンモクセイ風味のデザートです。

【不調に合わせた薬膳料理マンツーマンレッスン】

「頭の後があつい、今までにないめまいがする」の不調を感じておられたT様。

ごはんのメニユーと薬膳茶を特別に献立を考え一緒に、サロンで作りました。

まったくのオーダーメイドの食事になりました。

使ったことのない食材で最初は、戸惑っておられましたが、「美味しいです」とおっしゃっていただきました。「つい同じ献立になってしまっていました」っと、振り返りの時を過ごしていただけたようです。

 

「高島市安曇川町公民館にて薬膳料理教室開催」

年間4回にわたる、季節に合わせた薬膳料理教室が終了しました。はじめて薬膳に出会われた方がほとんどでしたが無事、終えることが出来ました。

一番印象的だったのは、薬膳に思い違いをしている点が多かったっという感想でした。

今回を機に、ご自身のふだんの食生活を振り返れるきっかけになれば大変うれしいです。ご参加くださって、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

「サロンで半日カフェ開催」

冬の体を芯から温めるカフェメニューを体験していただきました。口にまろやかさがたっぷり、地元の黒米風味の薬膳ラテ、ふわふわのよもぎの黒糖風味の蒸しパン、カボチャの白玉団子をご用意させていただきました。食べてから体の反応を皆さんと一緒に確かめ合いました。日頃は無関心になりがちな自分の体のサインに敏感になる大切さを感じられたひと時でした。

【優雅な薬膳おもてなしコース お茶講座】

冬の季節にどんな茶葉や食材をお茶にして不調から養生すればいいのかレッスンさせていただきました。

「昨年の今頃は、冷えが強くむくみもきつかったのですが、秋のコースも受けていただいて調子が良いです」とおっしゃっていました。

今回は、冬の風邪予防のお茶や、からだを芯から温めるお茶をご紹介し、お茶としてどう活用すればいいのか、詳しく説明もさせていただきました。

 

 

【滋賀県高島市安曇川JA西びわこ薬膳料理教室】

農家さん出身のみなさんと一緒に、身近な食材で薬膳料理を作りました。みかんの皮を捨てずに、病気予防に使う方法や、レトルトに頼りがちな中華料理を薬膳風に作るコツをお教えしました。

いつもなら捨てているみかんの皮も、薬効が高いというお話をすると、皮が欲しいですっとおっしゃる方もおられたほどでした。身近な食材の営養に改めて気づいていただけたように感じました。

 

【滋賀県彦根市ウイズにて薬膳料理教室】

40代~80代まで幅広い世代の方にご参加いただきました。ご飯は紫色、おかずは、黄色。色、味の彩りのバランスを良くし冬の冷え予防に良い献立を作りました。

前回の里芋のスープを飲むと体が温まってくるのです。っと、参加者の方の嬉しい感想もいただきました。次回は、3月末に開催予定です。

滋賀県甲賀市(忍者で有名)にて、薬膳料理講習開催しました。

よもぎを使った体を温め続けるカップケーキと、小豆を使った体のいらない水分を調節する飲み物を作っていただきました。

カップケーキは評判も良く、「いくらでも食べられます」と、笑顔でおっしゃってくださいました。

甲賀は、薬草の里。甲賀は薬膳がぴったりの場所でした。

 

 


【自分の体調の課題がみつかる30分ワーク】

       体験者さまのお声 H30.10.30

「体質って、生まれつきだと思いますか?」

「女性の一番元気な年齢は?っの質問に、いろいろ考えながらお答えくださった市内在住のS様。(50代)

体質に影響するのは、年齢と…と説明すると、「知りませんでした…」っと驚かれていました。

「さ湯を飲んでいるのですが、のどの調子があまり良くないんです」っとおっしゃいました。のどの乾燥と、からだの気や血などの何が不足してるのか、少しアドバイスさせていただきました。S様は、「自分の体調を振り返れる良い機会となりました」と、感想もくださいました。終わってから菊の花茶をお召し上がりいただきました。 

 

 

 

【自分の体調の課題がみつかる30分ワーク】

       体験者さまのお声 H30.10.24

「食後眠たくないですか?」の質問に、

「いつも眠たい感じがします。」

「からだの中の気血水のバランスが少し崩れています」とお伝えすると「えっつ?」っと驚かれていました。

「チェックが少し多いようですから」とお伝えすると、「チェックが付かない人おられるんですか?」っと質問されました。

未病は自分では気づけないので、中医学の体質診断気血水チェックで調べてみられることをお体のためにも、おすすめします。

 


【滋賀県甲賀市商工まつりにて、デザート風薬膳白玉団子試食販売しました】

甲賀市商工会女性部主催「風土に合った薬膳講座」を開催中。地域の食材を使って白玉団子を薬膳にアレンジし、商工まつりで試食販売しました。使用食材の性質クイズ、試食後のアンケートも実施しました。

温めるカボチャ風味の白玉団子と冷やすそば粉の白玉団子の2種類を作っていただきました。

参加者さまは、「薄味だけど、柔らかくて美味しいです」との感想をいただきました。

甲賀市のみなさまに薬膳を知っていただく初めての機会となりました…。

H28.10.21

 

 

【優雅な薬膳おもてなしコース秋編 開催しました】

市内にお住いのAさまは、「最近口が渇いていて、胃腸は反対に停滞しているみたい、お茶で体質改善したいです」っとおっしゃって受けてくださいました。

秋のおすすめのお茶6種はお花や果実、根っこが材料です。すべて試飲していただくと、「どれも美味しいです」と。咳が出る、のどが渇くなどはすべて、秋の季節の特徴です。こんなとき、秋に良いお茶を知っているだけで、咳などの不調もあっさり改善していけます。こちらのコースは、2時間のマンツーマンレッスンです。ご予約受付中。

 

 

【継続コース受講さま限定 ご招待茶会開催しました】

約1年ぶりの再会のお茶会。「顔色良くなりましたね~、お元気そうですね、別人みたいですね…」との会話ではじまりました。

ブログを見てサロンへきてくださったのは、昨年12月。徐々に体質改善が進んでいるようで、すっかりお二人ともお元気になられ、笑顔でともに再会できたことが本当に嬉しく良かったです…。

H30.10.15


【高島市安曇川公民館にて秋の薬膳料理教室を開催しました】

ふだんの食材を使い、秋の乾燥を予防、咳の予防が出来る薬膳を作りました。

お薬を飲まなくても、ちょっとの手間をかけることで、予防が出来ることを知っていただけたと思います。

予防ほど健康を保てる秘訣はありませんね。それもふだんの食材で出来るところが、薬膳の魅力です。

(参加者さまの声)

●長いもを焼くという調理はしたことなかったです。

●ジャスミン茶はブレンドすると飲みやすくて美味しかったです。

●ラッカセイをこんな使い方するとは、知らなかったです。

参加者のみなさん、一度でも多く、家庭で作って見て下さいね。

H30.9.22

 


【5回で学べる薬膳茶アドバイザー養成講座】受講生さまのお声

ずっと漢方薬を飲んでおられたWさま。

秋の季節と人のからだのつながりをレッスンした後、秋におすすめしたい薬膳のお茶を試飲していただきました。

終了後、「漢方薬をずっと飲んでいましたが、体質改善はできなかったです」とおっしゃいます。

漢方薬は、使い方次第で体質改善できます。

ただ、体質を詳しく説明してもらえない場合や、レッスンがないため、結局やめてしまう方が多いです。

一般の方にとって、体質のことは、1回では、わからないのも理由にあります。いつの間にか、飲んでいる間に体調が変わってしまうこともあって、その変化に気づかない場合もあるのですね。薬膳は、身近な食材を使った体質に合う食事です。お茶でも、季節に合うものを飲めば、自然と病気も予防できるのです。

Wさまは、継続9か月で、「やっと、点がつながってきました~っ」と声を大きくおっしゃいました。

時間をかけて、体質の説明をしつづければ、どなたでも理解もでき体質改善できるのです。

薬膳おもてなし2時間コースでは、じっくりお体と向き合う時間、機会を提供させていただいています。

(H30.9.25)

 


「素敵な女性になれる会」にて 「誰でもできるツボ押しマッサージ開催」

 

8月30日に滋賀県高島市安曇川公民館にて、素敵な女性になれる会が開催されました。

子育ての体験発表の後、ツボのマッサージと按摩の方法をご紹介しました。

頭痛、耳鳴り、肩こりなど、普段に起こりやすい女性の不調におすすめの3つのツボを、皆さんと一緒にやってみました。

そのあと、背中の五臓のツボを、按摩で刺激する方法をご紹介しました。終了後、お一人の女性が、「朝頭痛がしていたんですが、なんか良くなっている感じがします」と、笑顔でおっしゃってくださいました。ツボは自分ででも簡単に手軽にできるので、からだがいつも疲れ気味という女性には、大変おすすめですよ。



薬膳サロン つむぎ

貴方の体質に合った薬膳のお茶や料理をご提案

 

所在地:〒520-1231

  滋賀県高島市安曇川町川島629番地

電話番号:電話 0740(34)1620 体質相談のご予約はこちらへ 

     :携帯電話 09091665326

営業時間:月~土曜日 午前10:00~午後5:00

定休日:日曜日・祝日・不定休

最寄駅:JR湖西線(こせいせん)安曇川駅(あどがわ)

JR京都駅より新快速電車で45分

サロンまでの手段:JR安曇川駅東口からサロンまで、タクシーで約6分。

 タクシーがない場合、お迎えに参ります。(初回のみ無料です)

駐車場:軽自動車はサロンに2台有、乗用車は歩いて1分の無料駐車場をご利用いただきます。

オーナーごあいさつ

お悩み相談ごあんない

煎じる薬膳汁通信販売

体験者さまお声

お問い合わせ

ご予約はこちら

特定商取引法に基づく表示

プライバシーポリシー