五行説 ~ごぎょうせつ~


 五行説(ごぎょうせつ)とは、中国医学を支える自然観です。

 五行説では、自然界に存在するすべてのものを、【木】【火】【土】【金】【水】の5つに分類します。5つの要素がそれぞれ特有の性質をもって、おたがいに関係しあい、存在しているという考え方です。

 

五行の特性

【木】木(もく)は、樹木が生長していく、伸びやかな様子をあらわします。

【火】火(か)は、炎のように上に立ち昇る、熱く明るい様子をあらわします。

【土】土(ど)は、大地のように万物を育てる母のような存在をあらわします。

【金】金(ごん)は、金属を意味し、他を寄せ付けない清涼、鋭さをあらわします。

【水】水(すい)は、下方に向かって流れる水の冷たさ、潤いをあらわします。

 

 五行説では、五臓の特性に合わせて、木・火・土・金・水の5つに分類され、診断や治療に応用されています。

 

:木の伸びやかな特性を持ち、樹木のように気を伸びやかに巡らすため、木】に属します。

:火の熱い特性を持ち、からだを温めるはたらきを持つため、火】に属します。

:土の万物を育てる母のような特性をもち、食べものを消化吸収し体に営養を与えるため、土】に属します。

:金の清涼な特性を持ち、汚れた空気に傷つきやすいため、金】に属します。

:水の冷たさの特性を持ち、からだの水分を管理し尿を作り排泄するので、水】に属します。

 

 

 これらの【木】【火】【土】【金】【水】の5つは、下図のような相生(そうせい)、相克(そうこく)の関係をもちます。

 中医学では、この五行説に基づき、からだの全体のバランスを整えることで、からだに出ている不調を改善していきます。

 

五臓の「肝」や「心」は、実際にからだの中にある肝臓や心臓と、必ずしも、イコールではないのです。

中医学における五臓は、臓器そのものではなく、その他のはたらきを含めた広い範囲の機能を示しています。

 

◆相生関係(そうせい)赤→

五行(ごぎょう)の要素が、それぞれ別の要素を生じさせ、相手を助ける関係のこと。

木は燃えて火を生む、火は燃えて灰と土が生じるなどの、赤のの順に循環していく関係が相生です

からだの中の五臓も、五行の関係と同じように、相生関係をもちます。

 

木→火 肝の血により→ 心を養います

火→土 心の陽により→ 脾を温めます

土→金 脾の水穀精微(営養)により→ 肺を滋養します

金→水 肺の気の下降により→ 腎を助けます

水→木 腎の精により→ 肝を養います

 

 

相克関係(そうこく)青→

五行(ごぎょう)の要素が、それぞれ別の要素を抑制する(克する)関係のこと。

木は土の養分を吸い取り、土は水を吸収しせき止めるなどの青の→の順に循環していく関係が相克です

 

からだの中の五臓も、五行の関係と同じように、相剋関係をもちます。

 

木→土 木は土に根を張り、養分を吸収するのと同じように、肝は脾の消化機能を管理するので、肝は脾を尅する

土→水 土は水を吸収しせき止めるのと同じように、脾は腎の水を管理するので、脾は腎を尅する

水→火 水は火を消すことが出来るのと同じように、水の作用で心火の亢進の熱を抑制するので、水は火を尅する

火→金 火は金属を溶かせるのと同じように、心の熱は肺が気や水を降ろす作用を抑制するので、火は金を尅する

金→木 金属は木を切り倒すことが出来るのと同じように、肝の陽気が上がるのを抑制するので、金は木を尅する

 

参考図書 「東洋医学のすべてがわかる本」 ナツメ社 平馬直樹監修

参考図書 「実用中医学」源草社 辰巳洋著

  

 

 

 

中医学の特徴

 

今の医学と、どこがどう、違うのかしら

 例えば、胃腸が痛くなったら病院で、レントゲン検査やお薬で治療がはじまります。

 悪いところを部分的にとらえて、治療するのが今の、現代の医学の特徴です。お医者さまが主体となって治療をすすめ、患者は従うのが基本です。

 それに対して、中医学は、なぜ胃腸が痛くなったのか、症状や体質などを総合的にとらえて治療をすすめます。

 病気の捉え方、見方に大きな差異があるのがお分かりでしょう。

参考 女性のための漢方生活レッスン 薬日本堂監修 主婦の友社