13回で学べる中医薬膳基礎講座


 自然界とからだのつながりに目を向けた、中医学(漢方の元の医学で東洋医学)と薬膳の基礎の基礎を学べる、初心者の方向きの連続講座を開催しております。

 

   自分の身を自分で守るためにできること、それは、病気ではなくからだ自体を見る中医学が役立ちます。 

 中医学?っと聞きなれない医学ですが、漢方といえば納得されるでしょう。

 病気自体を掘り下げてみるのではなく、なぜ、病気になるのかその体質自体に目を向けるのが中医学です。

 中医学は、知れば知るほど、からだの内なる不調のサインに気づける大切な目を養えるほど奥深い世界。

 なぜ不調が出るのかや、その不調にどう対処してそもそも病気にならないようにするのか具体的に学べる講座です。

 

講座の特徴

①むくみ、頭痛、食欲不振など、女性にありがちな不調の原因の根拠が何かについて知るきっかけとなります。

②西洋医学の肝臓、心臓、肺のはたらきとは異なる東洋医学での体の見方を知ることが出来ます。

③食べたものが、口から入り、営養になるまでの大切な要素を知ることが出来ます。

④体調に異変が起こる前に、未病の段階で、不調に気づくきっかけが出来ます。

 

⑤東洋医学のからだを構成している3つの要素(気と血と津液、水)のはたらきについて、専門知識を得ることが出来ます。

 

講座内容

1)「気血津液 きけつしんえき 初級講座 全4回」

からだを構成している基本の3つのたいせつなものについて学びます。

2)「気血津液別トラブル初級講座 全4回」 

体質別の気、血、津液(からだの水分)の、よくあるトラブルについて学びます。

3)「五臓のトラブル初級講座 全5回」 

肝・心・胃腸などの臓器の不調について学びます。西洋医学とは異なる各臓器のはたらきを知るだけで、身近な不調の原因に気づくことが出来ます。

 

 *1から3まで、全13回講座です

 

 この講座の魅力

☑ ご自身の尿、便、食欲などの状態から、体調が良い悪いの正しい判断が自然とできるようになります。

☑ 東洋医学での体調の見方を具体的に学べるので、病気を未然に十分防ぐことが出来るようになります。

☑ 血行の状態や、水分の有る無しの状態が、からだの内側のサインによって見分けがつくようになります。

☑ 老化を防ぎ、肩こりや頭痛などの不調もなるべく起きないように、自身で体調管理ができるようになります。

☑ 病院では学べない、東洋医学のからだの体質についての見方を理解する最初の1歩となります。

☑ 病院や健康食品などに頼りすぎずに、自分自身で体質改善していけるようになります。

 

こんな方におすすめ

・薬膳で体質を改善して、からだの不調を見直すきっかけにされたい方

・運動や食事に気をつけているつもりでも、なかなか不調が改善されていない方

・ヨガインストラクターさま、アロマセラピストさまで、中医学や五行説を仕事に生かされたい方

・病気を克服するために、薬に頼らず、体質自体を強して自己治癒力を高めたい方

・病院へ行ってもなかなかお薬もなく、不調が改善されずに困り果てている方

・あらゆる健康食品を試しているけれど、今一つ効果を感じていない方

 

 

 

 講座の詳細

レッスン日  

月~土曜日 午前10時~午後5時まで

ご希望の日程の中で、できるだけ添えるよう対応いたします。  

午後5時以降でも、ご希望の方はご相談にのらせていただきます。

受講料は 30分 ¥1000割り増し価格となります

 

レッスン時間 

1講座 60分  

同時に、2講座まで学ぶことも出来ます。

 

レッスン方法

 マンツーマンで、お一人お一人に直接対応します

 マンツーマンなので、分かりにくい中医学の語句なども分かりやすく学ぶことが出来ます。

  

レッスン頻度

月一、二回のペースで学んでいただくことをおすすめします。

月1回で学ばれますと、およそ1年で修了していただけます。

レッスン後、次回のレッスン日をご予約いたします。

ご予約日のキャンセルは7日前までなら無料です。

 

レッスン場所

通学の方:薬膳サロン つむぎ 滋賀県高島市安曇川町川島629番地

遠方の方:遠方の方は、スカイプレッスンおよびライン

離れていても、インターネット環境のある方なら音声通話が可能です。

スカイプのご案内はこちら

 

受講料    

1講座  60分 ¥4,500 【税込】 薬膳茶付き

1回のレッスンで、2講座まで同時に受講できます。

薬膳献立サポートコースを受けられている方は、1講座あたり(60分) ¥3,980で受講できます。

 

 

お支払い方法 

通学の方~ 当日払い  

スカイプの方(遠方)~ 7日前までに銀行振り込みもしくはカード払い(自動決済ペイパルをご利用ください)

 

講座修了後こんな場面で生かせます

☑ ご家庭の中で、食医として、ご自身やご家族の体調維持に役立てることが出来ます。

☑ ご自身の不調やご家族の不調、病気の芽に早く気づけ、健康を守りぬくことが出来ます。

☑ サロン経営などご自身のサ-ビスをさらに魅力あるサービスに補うものとして役立てることが出来ます。

☑ 地域の健康塾やサロンで学んだ知識を生かし、健康維持や病気予防にアドバイスをすることが出来ます。

 この場合、年1回はサロンで開催する、中医学講座を学ばれることをすすめております。

 

講座終了後について

すべての課程、全13回を修了されますと、修了試験がございます。

修了試験は、お時間60分間で、回答は、選択式の試験となります。

修了試験に合格されますと、【中医薬膳基礎講座修了証書】をお渡しいたします。

その後、ひきつづき中医学を学ばれたい方には、指定の教科書で個人レッスンさせていただきます。

 

 

お客様の声


滋賀県在住 Y様

最初学び始めたころは、難しくて本当に、分かるようになるのだろうかと不安でした。

でも、やっと散らばっていた点と点が結びついてきました。

今では、なぜ、寝込んでいたのかも分かるようになりました。

それに、娘の体調のことがだんだんわかってきましたし、夫の体調のことも分かるようになってきました。他の食事療法は、個人の体質にまで無知ですが、薬膳は体質に合ったものをするのでずべてがつながっていくところが、理に適っていると思います。

 

 

【滋賀県在住 Y様 】 全13回を終了されました  H31.3.28

講座を受け始めたころは、毎回、しばらくはテキストを見たくないと、次の講座までほうっていました。

それが、何回か過ぎたころから、献立と理論がつながってきたように感じました。

毎回、毎回先生の話されることを念仏のように聞かせていただいてきた結果だと思っています。

講座ごとに頭はボーッとしますが、理解が少しづつできるようになってきたように感じます。

それは、薬膳の献立の食事を平行して習っているからだと実感しています。

ただこの食材がいいとか、ではなく中医学と薬膳が裏付けされているからだと思います。大変、薬膳は納得のいくところが多かったように思います。

 

令和元年5月10日

今日、全13回を終え、卒業試験にも合格され修了証書をお渡しさせていただきました。

第1号の修了証書を手にされたW様です。

中医学を学ぶと、自分でからだの臓器が調子がいいのかどうかが、分かってくるのです。

からだの中のことが、外からたったサインで分かるのですから、この医学は奥が深く魅力です。

1年間、熱心に通い続け勉強され、本当にお疲れさまでした。

滋賀県在住 発酵料理家 他谷昌子さま(写真左)

更年期のほてりなど乾燥する症状でお悩みでした。

きっかけは、他谷さまが、更年期の不調が原因で、体質改善コースを受けられ、7日間で不調を改善されたことです。

【他谷さまの感想】

潤い不足で、鼻や喉が渇いたり、まぁ〜色々乾きました。

鼻やのどの渇きが、数日で改善されました。

体質改善の薬膳すごいです

自分の体質を知った上で、自分に合った食材を取り入れる。情報に惑わされることなく
自分に合った食材を取り入れるのがポイントっていうことが分かりました。

 


四月中頃から受講されている渡邊さま。(写真手前)

胃腸のお悩み、便秘のお悩みの症状がありました。

 

きっかけ:もともとは看護師として、人の命、健康に携わっておられましたが、退職後ご自身の不調を改善してみたいと受講されました。

質問:受講されてみてどうですか?

答え:提中さんは、以前図書館の司書をされていたことで、とても声が聴きやすくて、ゆっくり話してくださいます。また、むずかしい用語も解説してもらえるのでとても分かりやすく、説得力もあるので、理解しやすいです。

夫が偶然、風邪ぎみのときに、何を食べたらいいのか相談したところ丁寧にアドバイスしてくださり、お茶もいただきました。その3日後、体がだるかった症状も治まり、熱も出ず、回復してびっくりでした。

家族全員、提中さんのお世話になっています。

また、ここへきて、薬ではなく食べ物で不調を治していく大切さを知りました。


◆中医学薬膳基礎レッスンお申し込みフォーム◆

 

講座を受講されたい方は、下記のフォームから、お申し込みください。

下記の必要項目に、ご入力いただき、送信してください。

 


メモ: * は入力必須項目です

送信ができなくてお困りの場合

もしも入力しても、うまく送信できない場合、大変お手数ですが、直接お電話ください。

お問い合わせ電話番号: 

0740-34-1620 提中まで *午前10時~午後5時  (月~土曜日)